doctor

ニキビの治療

頑固に発症し続けるニキビ

幼い頃はきれいな肌だった人も、中学生になった辺りから次第にニキビが増えてきた人は多いはずです。実際に私も中学生になった時を境にニキビが顔中にでき始め、外出するのが嫌になるくらいに悪化しました。ニキビができやすい体質だからと諦めていては悩んでいました。 そもそもこのようにニキビが繰り返しできてしまう人というのは、隠れニキビに原因がある人が多いと考えられます。ニキビは治ったと思ってもストレスや食生活などで再発してしまいますが、炎症を起こして赤くなってしまったニキビの周りに実は、目に見えない赤くなる前のニキビが隠れているのです。これがいわゆる隠れニキビの正体です。この隠れニキビを放置してしまうと赤く炎症を起こしてしまいます。

皮膚科で治療するメリット

市販の薬や洗顔料でスキンケアしても一向に良くならない場合、最近では皮膚科で早めに相談をすることがだんだん浸透してきています。皮膚科でのニキビ治療はその患者の生活習慣によってさまざまで、自分に合った治療法をしてもらうことができます。また、皮膚科でのニキビ治療では健康保険等の保険が適用されるので、患者の負担額も減らすことができるのです。 皮膚科でのニキビ治療では世界標準治療というものも存在し、世界的にもニキビを皮膚科で治療することが一般化していることが分かります。外用レチノイド、抗菌薬などの薬が推奨されていますが、すべての医療機関でこの薬があるわけではなくすべての患者に使えるわけでもないので、もし皮膚科で診察を受けた時は担当の医師の説明をしっかり聞くようにしましょう。