doctor

直す

治療の環境と医師との相性を考慮の上

痔になりますと、人知れず悩む方は多いものです。 それで治療に至らず悪化させてしまい、座るのは疎か全身の体調まで悪化させてしまう方も少なくありません。 それは仕事も生活をも脅かす由々しい状態です。 そのような状態に陥らないように、痔を疑う症状が出たら早めに受診しましょう。 とは言え、痔を理由に受診するのは恥ずかしいものです。 況して局部の診察となると、躊躇うのも無理はありません。 それで極力そういったストレスを軽減する為に、治療の環境と医師との相性を下調べの上受診してみましょう。 例えばネットの病院やクリニックの紹介ページを参考に、プライバシーがどれ程守られる環境かや、お医者様の性別や年齢や外見等から抵抗がないか等を事前に調べておきましょう。 せっかく勇気を出しての受診において、可能な限り羞恥心を煽らない環境で治療を受けたいものです。

苦痛が恥じらいを上回り

痔を疑った時、それに伴う痛みや出血が程度を超えると、羞恥心を上回りやっと助けを求める方が多いようです。 そうなる前に治療に?がればいいのですが、やはり痔という恥じらいを伴う疾患は治療に辿り着くまでが難題のようです。 また、恥じらいの他仕事や生活に支障が生じて止む無く受診という方も多いようです。 それで治療で苦痛が和らげば、もっと早くに診て貰えば良かったと多くの方が口を揃えておられます。 それに加え、痔と思っていたが受診にて他の病気が発見されて命拾いをしたという方もいらっしゃいます。 痔を疑う症状が出たら、早めの受診でそれと確認頂く事も大切です。 一方で、痔を予防する事も大切です。 刺激の強い食品や冷えを避ける事はお馴染みですが、排便の後を清潔にする事も大切です。 特に紙で拭き取りの場合は取り残しで炎症を起こすといった事が多いので、なるべくなら温水や流せるウェットティッシュ等で綺麗に拭き取りたいものです。